2017年05月09日

写真を変えたら売上がドーンと増えた!?一体なにをした?

あなたは自社の商品写真に満足していますか?

もし・・・

・自分では思うような写真が撮れない。

・プロに頼むとお金も時間もかかってしまい、節約したい。

・自分で“売上につながる”商品写真を撮れるようになりたい。


このように写真の“クオリティ”に悩まれているなら。


「教わったとおり撮影した商品写真に変えたら、

 売上がドーンと伸びた!」

と続々と喜びの声が上がっている。


商品写真の撮り方を試してみませんか?

今すぐ詳しい内容を知りたいなら、こちら
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TIKZT+3L731U+2Z0I+1HP31V


そもそも、プロのカメラマンに頼んでも確実に

“売れる”商品写真を撮ってもらえる、

とは限りません。


どういうこと?と思いますよね。


商品の撮影する際には、最も大事なことがあります。



例えば、女性向けのアクセサリーでも。

中高年の女性向けなのか、若い女性向けなのか。

どんな場面で使うのか。

こういった違いで、写真の撮り方は変わるんです。


つまり、商品撮影で一番大事なこと。

それは、きれいに撮ることではありません。


それよりも、撮影する商品を

「どんな目的で、どんなお客さまが、どんな風に使う(食べる)」のか、

しっかり把握して、そのままお客様に伝えることです。


じつは、これを教えてくれたのは、広告用の商品写真を撮影して
数々の有名な賞を受賞。

いまも第一線で活躍している、業界トップクラスのカメラマン。

『高崎勉』さんです。


あなたもプロに撮影してもらったのに、
なんだかイメージと違う・・・

と感じたことはありませんか?


お店側のあなたなら、


どんな目的でどんなお客様が、どんな風に使う商品なのか、
よくご存知だからこそ。


ただキレイなだけの写真だと、違和感を感じてしまったのではないでしょうか?


そこで、

売り手のあなただからこそ、プロカメラマンの撮影のコツを習得できれば、

プロ並みに商品写真を撮ることは、難しいことではありません。


むしろ、あなたならプロのカメラマンよりも、自社の商品に対して
誰よりも売れる写真を撮れる、可能性があるということ!


そこで、あなたの商品知識を使って、ぜひ写真を撮ってみて下さい。


ただし、こんな問題も。

他の業務もたくさんあって忙しく、サクサク終わらせたいのに、
なかなか良い写真が撮れなくて、時間ばかりかかる。


そう、自分で写真を撮ると時間がかかるんです。


そこで!

できるだけ低予算で、短時間に、プロ並みの素晴らしい写真を、
サクサク撮れるようになったら。

いいな、と思いませんか?


じつは、先ほどご紹介した業界トップクラスのカメラマン。

高崎先生がこっそり公開した、とっておきの商品撮影のコツがあります。

「広告写真のプロが教える写真講座」です。


こちらから、その写真講座の内容を一部、試しにご覧いただけます。
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TIKZT+3L731U+2Z0I+1HP31V


正しいライティングの方法や、カメラの設定、
売れる商品写真に必要な要素など。

ちょっとした撮影の知識と、コツさえ知っていれば、
ずっとカンタンに商品を魅力的に撮影できます。


これなら、パソコンやテレビがあれば、好きな場所で、好きな時間に、
マイペースに学べます。


しかも、難しいカメラの専門用語を覚える必要はありません。


【映像を見て】、【設定を真似して】、【撮影する】
という簡単3ステップ。


とっても、ラクラクな上達法です。


しかも、この先ず~っと無料で、プロ並みの写真が撮れます。

これは、大きなコスト削減になりますよね。


今すぐ、商品写真を“魅力的”な写真に変えて、
お店の売上アップに役立ててみませんか?
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TIKZT+3L731U+2Z0I+1HP31V


さらに、今だけ期間限定で、

「カメラのお手入れ方法」もプレゼント中です。


これは4/19(水)までの特別なプレゼントです。

この機会にぜひ手に入れておいてください。
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TIKZT+3L731U+2Z0I+1HP31V

商品写真に特化した、一流のプロのノウハウを知りたい、
お客様にうちの商品を選んでもらいたい!

という方はチャンスです。

カメラ女子の写真販売日記  by Gojal
http://gojal2525.web.fc2.com/index.html
posted by gojal at 20:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください